変わらないモノと、変化し続けるモノ。スニーカーはその両軸で楽しめるってことを教えてくれたのは、第7世代を代表するお笑いトリオ「ハナコ」の菊田竜大さん。スニーカー三番勝負、いざ!
1988年1月、六本木のディスコ「トゥーリア」で天井の照明装置が落ちる事故が起きました。その時の海外からのDJをブッキングしていたM氏と1年前くらいに知り合いになり、麻雀したり早朝野球をやったりしていました。そのM氏曰く、高校生の時に清原と対戦して三振をとったことがあると豪語していました。僕のポジションは何故かキャッチャーだったので、その球を受けましたが想像以上に豪速球でその話は嘘ではないと信じた ...
note21 日